スポンサーサイト

--–--–-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

輝ける日を謳歌した。さあ存分に誇れ。

2009–03–30 (Mon) 23:34
はい、先日のブログでも洒落頭ボン三郎さんのコメントにもあるように、

~*~花見~*~

行って参りましたよ!
きつすぎて、死ぬかと思いましたが(笑)
はい、めちゃくちゃ有意義なものでした。
インスピレーション受けまくりで、早速詩を書き下ろしました。
完璧にノンフィクションの詩です。
どうぞ、お楽しみください(^^)




マッチ・サーティ・サンキュー・ベリー・マッチ

若草色の目覚まし時計 小鳥のさえずりで叩き起こされた

空は青く めっちゃ快晴 そうだ 今日は 約束の日だ

白いマウンテン玄関から吐き出し 家を飛び出した

友人と風を切る 僕の息も切れる(笑)

目指すは貯水池 雄大な 雄大な 近くにあった大自然

運動不足がたたる(苦笑) へにゃり僕は崩れ落ちかけるけど

友の励まし 今一度立ち 足動き出し ペダルをえいやと漕ぎ出したんだ

辿りついた目的地 見下ろせば五分咲きの桜

満開じゃなくたって構わないよ 君たちと来れた そこに意味があるから そうだろ

愛くるしい野良猫にも出会った 共に桜の吊り橋歩いた 食事の時も側にいたね

それからは 自転車で貯水池の回り駆け抜けた

一休みして 水辺で見渡した風景 

赤いめがね橋 広がる青空 その空を裂く飛行機雲

嗚呼めっちゃ凄いねたまんないねって 嘆息の溜息漏らした 

それから 僕たち 貯水池降りた けどそれで帰宅ってなんかつまんね

だから見つけた地獄の坂道 無謀と分かってもチャレンジ!

足が腰がその他全てが 悲鳴上げるけど とにかく上へ

えいやえいや そいやそいやと 軋むペダルを踏みこんだ 

時々交代して荷物持った だけどとにかくひたすら上へ

汗かき頂についた時は たまらず歓声上げたもんだ

そっから気分は小学生だ 探検気分が騒ぎ出したんだ

古い鉄橋見つけて そこで三人で写真を撮った

そっから満足 ようやく帰宅

身体はもう動かない こりゃ明日は絶対安静だ(笑)

自慢じゃないけど 最高の思い出さ

今日と言う今日 たまらなく青春してた

今日と言う今日 絶対 忘れないよ

今日と言う今日 本当に ありがとう



続きを読む ⇒
スポンサーサイト

さて、詩を書こう。

2009–03–30 (Mon) 00:51
はい、ってな訳で。
記念すべき、本ブログ文芸活動第一回目ですね。
「文餓鬼ヶ丘」より、自分の作品を転載です。
今日はこういうノリで行きたいので(笑)
それでは、どうぞ。




風吹く日には

何も持たずに家を出た 時間なんかには縛られたくない
無限の自由を風の中に感じてる blow by blow

行き交う車を眺めながら休んでいた その光景に疲れていた
ふと目を落とすと感動を見つけた 
空き瓶の中の微かな物語 アスファルトに咲く健気な花
また歩き出した 錆びた柵を越えた 茂みの中寂れたレールを見つけた
好奇心が疼いた 可能性が膨らんだ 僕は彼方を見据えたんだ

取り残されたくなくて進んだ 気分は死体探しの少年たちの様さ
無限の煌きを風を通して学び知る blow by blow

線路を歩き続けた 廃れた駅を見つけた 誰もいないプラットホーム
列車が滑り込んでくる事は もう二度とは無い 鉄の悲しみを感じた
僕はまだ歩いた 次はボロボロの木橋に出た
下方にはせせらぎ 穏やかなスリルを描いた

残されたモノを見て進んだ 気分は追憶の傍観者
何も考えずに見つめてる 時間に縛られる事は無い
悠久の悲哀を感じてる これからの行く末を案じてる
無限の想いを風の中に感じてる blow by blow, blow by blow

The wind kissed my hair.
Go away with full blow wind.

何処に辿り着いても構わない 風が友としていてくれるなら
夜になった 蛍の光がそっと髪を撫ぜた 風は眠りについた…





はい、旅に憧れる想いが伝わってきますね。
誰にも囚われず、思うがままに進む。
そんな、歌詞にも近い詩ですね。
はい、ってな訳で日付的には今日、になるのかな?
はい、花見に行ってきます。
親しい友人たちと、近くの貯水池(ダム)に咲く桜を。
天気、咲いてるかなどは不明。
ノープラン。
それもまた楽しいのではないかと(^^)

さ、皆さんも外に出ましょう!

第二回目書籍紹介(笑)

2009–03–28 (Sat) 23:13
はい、今回でやっと第二回目の書籍紹介です。
今回は、ちゃんと小説を紹介したいと思います(笑)

今回、紹介したい本は「西の魔女が死んだ」で有名な「梨木香歩」さん著の、

家守奇譚

というハードカバー本です↓

家守綺譚家守綺譚
(2004/01)
梨木 香歩

商品詳細を見る


時代設定は、明治ぐらいでしょうか。
作家志望の主人公が、亡くなった大学時代の友人の家の管理を任されるというもの。
ま、当然波乱は色々あるわけで。

庭に植えられた「サルスベリ」に恋をされたり、
狸に化かされかけたり、
河童と一悶着あったり、
亡くなった友人が掛け軸の中から元気そうに出てきたり。

幻想的な雰囲気に呑まれて、一気に読み込んでしまいました(^^)

「西の魔女が死んだ」とは、また異なるすばらしい文体が、
僕たちを、本の世界にいざなってくれます。

春のティータイムに、いかがですか?

○コミュニティメンバー大募集○

2009–03–27 (Fri) 23:23

これは、FC2に入っている方への、

告知、ですね(^^)

僕は、「皆でとにかく話し隊!」というコミュニティを創立したのです。

創立したのは良いのですが、未だメンバーが僕一人。

と、いうわけなのです!

察していただけましたでしょうか?(笑)

気軽な気持ちで構いません。

皆で、楽しく話しませんか?


白亜の殿堂、春風に散る。

2009–03–27 (Fri) 02:04
なんともロマンチックなタイトルなのですが、
昼行灯は喜ぶ事は出来ません。

小学校来からの友人に聞いたのですが。
僕の母校の校舎が、壊されると言うのです。

母校――小学校は、ウチの目の前にあります。
県内でも、初期から鉄筋コンクリートで造られた校舎は、
憧憬の念を籠めて、「白亜の殿堂」とも呼ばれていました。

そんな、築69年の校舎が、消えるなんて。

僕の母校は、6年生になる頃、合併して新しくなっています。
しかし、校舎は、新校舎が出来るまではそのまま今の校舎を使っていました。
小学校では、「白亜の殿堂」で第一期生として卒業したのです。
新校舎が完成した後でも、その校舎は付近の小学校の校舎建て替えの際の、
代用校舎として、4年間使用されてきました。
周囲に、もう建て替えを必要とする学校は無くなった。
だからだそうです。
だからといって、壊す必要は…。
他の使い道など、考えればいくらでも浮かんでくるでしょうに。
大人って、融通の利かない生き物。
ついつい、そんな考えが浮かんでしまいます。
分かってる。
けど…。

と、なんともいえない心境なんです。

――同窓のみんなは、知ってるのかな。

ありゃりゃ(^_^;)
なんとも暗い話になってしまいましたね。
申し訳ありませんでした<(_ _)>

気付いた事。

2009–03–25 (Wed) 23:25

…今まで、一度も詩や短編小説を書いてない(^_^;)

『このブログは、昼行灯が日々の生活で思ったこと・感じたことを詩や短編小説などの文芸活動に絡めて日記形式で書き綴るものです』

って、書いてるのに!(苦笑)

さて、どうしたものでしょうね?(笑)
ま、いずれします。いずれ(適当だなオイ)

閑話休題。

カラオケは良いですね、やっぱり。
行くと必ずノータイムでやるので、スッキリしますが、その分疲れたりもします(オイ)
高一の時に、カラオケを初体験し(←結構、真面目)、
以後、ハマってます。
何かあれば、必ず行ってます。
部活の機関紙の完成や、テスト明けの打ち上げはもう絶対(笑)
月一ぐらいの周期でしょうか。
自分でも行きすぎだろと思うくらいです。
ま、日本独自の文化ですし。
楽しんで損はないかと(^_^;)

皆さんも、一度行かれてみては?
続きを読む ⇒

やっぱり…

2009–03–24 (Tue) 19:54
家が一番ですね(^^)
ども、一週間の禁欲生活もとい勉強合宿から帰還した昼行灯です。

…本当に、つらかった(涙)


……一日のスケジュール、聞きますか?
えー、箇条書きで行きますよ?

―――――――――――――――――――――――

まず、7時起床。

7時15分、朝の集い。

早朝から、標高800メートルに位置する青年の家の、
広場に出てラジオ体操です(^_^;)
で、その後朝食。

そして、9時から延々と自習活動。

12時から1時までが昼食。

そして、また5時まで自習活動。

5時から7時までは夕食兼入浴。

7時から10時まで、再び自習活動。

そして、10時からは就寝準備(歯磨きなど)

11時、消灯。

―――――――――――――――――――――――

…死ぬって、いやマジで(苦笑)
これを一週間耐えた自分を褒めてあげたいですよ(^_^;)
まぁ、幸い食事は美味しかったです。
魚が特に美味しかった(笑)

……食事だけが楽しみの高校生活ってorz
と、とにかく!
インフルエンザも治り、昼行灯完全復活です!
これからビシビシ更新していきますので、どうぞよろしくです<(_ _)>

本日、終了式。

2009–03–19 (Thu) 14:04
はい、そういうことです。
本日、高等学校第二学年としての終了式が行なわれています。

…います?何で、外部者目線?
…いや、だってさ(^_^;)
前にも書いたと思いますが。

インフルエンザって。

はい、当然出ることは許されませーん。
皆に移したら大変です。
自宅でおとなしくブログ書いときますよ、グスン(T_T)

で、告知。
明日から、自分勉強合宿なるものに行って参ります。

4泊5日。

修学旅行の再来か?(笑)

しかし、スキー研修などではなく、ほぼ自習(-_-;)
ま、結果的には楽しいものとなるはずなので、
病気も治りそうなことですし、行ってきます(>_<)
更新がおろそかになるのをお許しください!

テガミバチ

2009–03–19 (Thu) 01:26
それでは、初の書籍紹介に行きたいと思います。
はい、タイトルの通り「テガミバチ」という作品。
作者は、浅田弘幸さん。
…実はコレ、小説では無いんです。

月刊ジャンプスクエアに連載中の漫画です↓

テガミバチ 1 (ジャンプコミックス)テガミバチ 1 (ジャンプコミックス)
(2007/01/04)
浅田 弘幸

商品詳細を見る


群青色の柔らかいタッチが魅力です。
舞台は、夜が明けないアンバーグラウンドという大陸。
テガミバチというのは、そこで人の「ココロ」が詰まった「テガミ」を届ける、
国家公務「BEE」の名称なんです。
物語は、新米テガミバチ「ラグ・シーイング」と相棒の「ニッチ」、そしてペットの「ステーキ」を、
主人公に進みます。
あまり語ると、ネタバレにもなりかねないので、このくらいで。
皆さん、是非ご一読を!

リンクについて。

2009–03–18 (Wed) 17:06
え~、遅ればせながら、リンクについて説明しておこうかなと思います。

○「文餓鬼ヶ丘」
 僕が部長を務める部活の文芸サイトです。友人が製作・管理してくれています。
 「文餓鬼」たちの活動日誌、それぞれの作品を公開中。是非一度訪れてみては?

○「小説家になろう」
 僕が、「灯流 昼行灯」、ここと同名で作品を公開しています。作品内容は若干「文餓鬼ヶ丘」と
 かぶるかもしれませんが、是非読んでみてください。お願いします<(_ _)>

○「ポルノグラフィティオフィシャルサイト」
 僕が愛して止まない音楽グループ、「ポルノグラフィティ」の公式HP。
 ディスコグラフィーや、スタッフレポート、ニュースなど、ファンにはたまらないサイトです。

そのほかにも、相互リンクなど大歓迎・大募集です。
リンクフリーですが、ご一報頂けると嬉しいです(^^)

思い出したように更新。

2009–03–18 (Wed) 16:33
はい、話題を変えまして。どうも、昼行灯です。
同じ日に再度更新。いや、良いこと。うん。
唐突ですが。

インフルエンザ(A型)にかかってしまいました。

…畜生め(涙)
発症は3月15日。
うちの部活の機関紙の最終号を製本しようと言うその時でした。
…畜生め(涙)
まさか、自分があのリレンザを服用することになるとは思いませんでした。
未成年なので、タミフルを貰うわけにもいかず。
まだ、飛び降りて死にたくないですからね(^_^;)
…インフルエンザの畜生め。
まぁ、今日は症状も軽くなり、学校も強制的に休まないといけないので、
暇になり、こうしてブログの更新をしてみた次第です。

これからも、頑張ります。…多分(笑)

ご、ご無沙汰です(^_^;)

2009–03–18 (Wed) 16:24
皆様、いかがお過ごしでしょうか?
大変、お久しぶりです。
怠惰の昼行灯でございます(汗)
高校生活で一番忙しかった時期とはいえ、ここまでの放置は無いだろ。
はい、自分でもそう思います。かなり(^_^;)
このブログに来て頂いた皆様には申し訳ない気持ちでいっぱいです。
これから、少しずつですが、更新していきますので、
宜しくお願いします!

 | HOME | 

電子人気番付。

↑このヘボブログ面白ぇかもと思った方ポチッと。

今日の一言。

時刻計。

自己紹介。

灯流 昼行灯

Author:灯流 昼行灯
トモル ヒルアンドンと読む。

一人暮らし。
ビバ自由。

ローソン愛用者。

夢は図書館司書。
小説家になれたら、
もっと嬉しい。

『ポルノグラフィティ』が、
とっても大好き。
『福山雅治』も大好き。
『THE STAND UP』、
『風味堂』や『徳永英明』など、
他のアーティストたちの
曲もよく聞くようになった。
最近はアニソンやボーカロイドも、
そこそこ聞いたりしている。

趣味は、カラオケや読書(マンガや小説など雑食)。創作活動(小説や詩を書いたり絵を描いたり)や、友達とわいわいがやがや騒ぐのも、一人でなにかをするのも大好き。一人カラオケも経験済み。UFOキャッチャーにハマったりもした。レトロゲームにも興味がある。

実況プレイはじめました。

こんな奇天烈君ですが、
どうぞ、よろしく候。

「灯流 昼行灯」で、
Skypeやっていますので、
暇な方はコンタクトしてやってくだされ。

訪問者数。

自由書架。

りんく。

定期購読受付。

最新こめんと。

分類。

最新記事。

電子書簡受付。

名前:
メール:
件名:
本文:

友達申請欄。

検索欄。

月別仕分。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。